合意形成型会議とは

合意形成型会議という言葉も正式な定義はありません。
以下の説明もMFAとしての解釈です。

■意味:参加者全員の合意をはかりながら、よりよい結論を協働で創りあげていく会議

・・・合意とは、参加者が「そうだねえ」と納得すること。

■特徴:従来よく行なわれている「多数決型会議」は、最後にいくつかの案の中から「決める」ことが目的ですが、合意形成型会議は「決める」のではなく「創る」ことが目的です。


*合意形成型会議の進行役を「会議ファシリテーター」と呼ぶ。
*会議ファシリテーターと合意形成型会議はセットで考えてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。