超現場主義

超現場主義とは、即効性・具体性・現実性バツグンの「コツ」と根本になる考え方をまず学び、それから現場に出て学ぼうというものである。
理屈を学ぶのは、ある程度、経験を積んでからにしようという考え方である。

・即効性、具体性、現実性バツグンの「コツ」

・根本になる考え方
































=トップへ=


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。