修行35:つまらない会議を有効に使う技

ファシリテーター養成人 釘山です。

*注意!
これは、ファシリテーションとは関係ありません。
私の体験談です。


------- 秘術!つまらない会議の時間を有効に使う技 ---------

会議を楽しくしたい!

そう思っていても現実はなかなか思うようにいかないものです。
しかし、そう思ってあきらめたら「つまらない会議」に負けたことになります。
それこそ、つまらないですよね。

そこで、せめてそのつまらない会議を少しでも有効に使うことを考えてみましょう。
どんな状況(どうしてもつまらない会議に参加しなくてはならないという状況)でも、
創意工夫で意味あるもにしてしまうのがプロの仕事人です。

今からいくつかのアイデアをご紹介しますが、
それに頼ることなくそれらを参考に自分なりの方法を考えてみてください。

「つまらない会議」を少しでも有効に使うことを考えること自体が、
あなたをプロの仕事人にするトレーニングであり、
「つまらない会議」の時間を楽しい時間へと変えてくれる極意なのです。

*ただし、これはファシリテーションとは関係ありませんのでご注意!

1.英語でメモする

仕事で英語を使う人以外は英語で話ができなくてもかまいません。
必要ないのです。

しかし、ボーダレスの現代は英語の感覚を養っておくことは必要です。
つまり、何となく英語を読んでわかるとか、
おもいきり簡単なことは話せるといったことで、
そのくらいのことは仕事でも必要な場合はあるものです。
よくある「学校を卒業して○○年経つからさっぱ英語はわからないよ」
というセリフは、いいたくないですね。

そこで、会議での発言の内容を、スペルも文法も無視してメモを取ってみてください。
これが、不思議なことに面白いし以外に誰でもできるものなのです。

学校で英語は苦手だったという人も、
スペルも文法も無視していいのですから気楽にできます。
最低でも英語単語を書き並べておくだけで立派な議事録になります。
(どうしても分からない時は、日本語をローマ字で書いてごまかします???)
英語でメモした記録をあとから見ると感動します。
「俺って、けっこうやれるなあ」と。

また、英語でメモを取ることは最高の頭のトレーニングになります。
これをしていると脳が活性化してくることは間違いありません。
遊び半分でやっていても、脳が活性化するのを実感でき、本当に楽しいものです。

2.報告や発言内容を図解にする

これはかなり実践的に役に立つトレーニングといえます。
つまり、会議で出される意見や報告を、文章でメモをするのでなく、
すべてを図解や記号にしてメモをとるのです
。一切、文章でのメモは禁止です。
そのくらい厳しい条件にしたほうがゲームみたいになり楽しさもUPします。

もちろん、文章は禁止といっても、
見出しですとかキワード的な言葉を書くことはOKです。
たくさん書いているうちに、間違いなく慣れてきます。
図解にする力に必要なものは慣れです。

図解や記号で話の内容をメモできる力が付くと、
企画書を書くときに大いに役に立ちます。
ちまたの企画書を見ると文章で一生懸命書く人がいまだにあとを立ちません。

しかし、企画書や提案書というのは図解が命です。
図解をメインにしたほうが断然わかりやすいものとなります。
そのトレーニングとなるのがこの方法です。
発言内容を深く理解することにもつながりますし、かなりお勧めの方法といえます。

3.笑いをとる発想練習の場とする

報告や発言を聞きながら、「自分ならここで、こういうギャグを出して笑いをとるなあ」と、
笑いをとる発想練習の場にしてしまいます。
ここまでくると完全に話し合いの内容を無視することになるようにみえますがそうではありません。
笑いをとるということには大きな効果があるのです。

どんな時でも軽いギャグを出せることは、
万能といっていいほどのいろいろな効能があります。
つまり、笑いをとるということは、ふざけるということでなく
「場を和ませる技術」ということなのです。

とくに、話し合いが深刻になってくればくるほど、
場を和ませる軽いギャグが出せることは生きた技術となります。
(ここで、思い切りギャグを出してしまうと
「何言ってんだあ」とひんしゅくをかうかもしれませんので、
場を読んで出さなくてはいけませんが)
つまり、あなたがピンチになったときに、
軽いギャグを出せる技術が間違いなくあなたを救ってくれます。
人の発言を聞きながら、漫才でいう「突っ込み」の練習をしてもかまいません。

ピンチのときに、ピンチに振り回されてしまう
気持ちを軽いギャグが救ってくれるのです。
笑いを取る練習とは、心にゆとりをもたせる練習ともいえるのです。

===============

いかがですか?
以上は、すべて私が実際にやっていたことです。

私はこういう「つまらない会議の時間の活用法」を、
約50個ほどもっています。
だから、つまらない会議も無駄にしたことはありません。
皆さんも面白い活用法がありましたら、教えてください。


==========================
■踊るファシリテーション道場←クリック
■「ファシリテーターミニ講座」←クリック

■釘山健一の日刊ブログ
「ロハスな風にのって!〜毎朝いい気分〜」
←クリック
=メルマガ登録はココをクリック=



読者の皆さんで共有したいですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。